FROM MC WORKS' スタッフやテスターによるテスト釣行やトピックを掲載

TEST RB104XF-2

この日は朝のうちだけ北東風がやや強く吹く予報だった為、まずは風裏となるポイントで朝マズメを迎える事となった。

通いなれたポイントでいつも通りプラグで狙っていくがまったく反応が得られぬまま、マズメの好機を逃してしまう。
その後、場所を転々としながら探っていくがバイトはなくついに最後のポイントとなる場所に到着。幸い朝から吹き続けていた風が殆ど収まっていた為、風表となるここでもたまに打ち寄せるうねりだけ注意すれば何とか釣りが成立する状況であった。
この時はテスト中のRB104XF-2とRB100XF-1を準備していたがここは足元から水深が十分あるのでXF-1を選択。

さっそくプラグを打ち込んでいくと1投目からチェイスを確認する事が出来た為、次のキャストで慎重にプラグアクションさせてやると4~5キロ程のヒラマサが5匹ぐらいの群れでプラグを奪い合うようにバイトしてきた。

キャッチしたのは4.5キロ、朝からようやく釣れた1匹に安堵しタイドプールに放り込んで次のキャストを開始するとなんと連続バイト。

やや小さくなったが同クラスをキャッチする事に成功し、その後終了までの2時間程でヒラゴを含むトータル7本キャッチ。

どうやらワンド状になったこのポイントに前日からの時化でベイトとなる小型のダツが溜っていた様子で時折ボイルも発生していた。

釣れ続いていたのだが残念ながら帰路の時間が迫っていた為、この日はここまでで終了となった。

SIMILAR POSTS 関連記事

CATEGORY カテゴリー

RECENT ENTRIES 最近の記事

ARCHIVE アーカイブ