MC works > FROM MC WORKS´ > FISHING DIARY > 春の男女群島

FROM MC WORKS' スタッフやテスターによるテスト釣行やトピックを掲載

春の男女群島

今年の春シーズンは4回程男女群島への渡礁を計画し3回は天候にも恵まれ、またこの磯に立つことが出来た。
しかし数年続いていた連続出船記録も14航海でストップ、この春初めて悪天で中止となってしまった。
4月初旬の航海でも例年通りキハダ、ブリの回遊は既に始まっており期待の持てるシーズンインとなった。


堀内氏はRB100XF-1にてブリ11キロ


神野氏は初挑戦でキハダをキャッチ

産卵前の良型ヒラマサを狙っていたが釣れるのはアベレージ5キロ前後が多かった。


RB98XS-2(プロト)にてヒラマサ

この釣行では毎年回遊してくる産卵を意識した良型のブリの群れはまだ入ってきてないだろうと予想して向かった。
だがどうやらすでに先発隊がお目見えしていた様子で、他の同行者も数尾キャッチしていた。
海水温の上昇も平年並みに推移していたので次の航海では恐らく怒涛のヒットラッシュになる事は容易に想像出来た。



猪口氏は8キロクラスをRB100XF-1で6本程キャッチ、昨年のリベンジ達成!そしてキハダもゲット


RB98XS-2(プロト)にて9.7キロ頭に8本キャッチ

群れが回ってくると恐ろしいほどに連続ヒットしてくるので色々と試したい事がある場面では非常にありがたい。
サイズも下で6キロぐらいあるので釣り応えも十分なのだ。
そしてこのブリが一段落すると今度はカンパチが浅場へ上がってくる。
3度目の航海ではジグを主体にカンパチがメインターゲットとなったが、今年はかなりサイズが良く良型は皆ことごとくブレイクされていた。


3~4キロがアベレージサイズ

今年は既に10キロ越えのカンパチが出ているのでひょっとするとまだまだ大型を狙えるパターンがあるかもしれない。
この海域は益々興味深くなってきた。さて次の航海は9月かそれとも8月か、2ヵ月後秋のシーズンが開幕する。

※これまで男女群島DVDの本編中やテストレポートに出てきたRB98XSRは今年秋にRB98XS-2の名称でリリース予定です。ご期待下さい。

SIMILAR POSTS 関連記事

CATEGORY カテゴリー

RECENT ENTRIES 最近の記事

ARCHIVE アーカイブ