MC works > FROM MC WORKS´ > 2017男女群島ロックショア前半戦

FROM MC WORKS' スタッフやテスターによるテスト釣行やトピックを掲載

2017男女群島ロックショア前半戦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年の前半戦の男女釣行は予定していた4~6月まで3航海において全て出船する事が出来、肥前鳥島にも運よく当番日と凪が重なり渡礁を許された。シーズン序盤の4月はヒラマサ狙い、今年は珍しく良型が多く10キロオーバーが例年になく多くキャッチされた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RB104XF-2にて13キロオーバー

 

極小ベイトについた青物にプラグをサイズダウンせずカラー変更で口を使わせた1本、それまでノーバイトだった状況下の中、クリアカラーに変更することで連続バイトに持ち込んだ。クリア系は特に春シーズンに効くカラーである為、このシーズンには必ずボックスに忍ばせている必須カラー。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釣友にプラグを貸すとすぐさまバイト!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じパターンで連続ヒット

 

ヒラマサが好調な半面、カンパチの調子が今一つ…シンキングプラグとフローティングプラグの操作性を両立させる為に試行錯誤しているプロトロッドにてアンダーウォーターを攻めるも中々サイズが伸びない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このサイズでも良いファイトを見せるが…

 

5月終わりに行った際にはヒラゴのオンパレードの中、場所によっては16キロオーバーのヒラマサもキャッチされていた。その後移動した鳥島では夜中のアラフィーバーの後は小型のカンパチに翻弄さる中、ジグにて久々にどうする事も出来ないサイズの青物を掛け完敗、喰った瞬間に主導権を取れずこちらを向かせられないままメインを飛ばされる失態…冷静に対処すればまだ出来た事はあった筈、まだまだ経験が足りないということ。

 

DSC_0134

目の前に突然起こった飛び魚ナブラで一撃!

 

DSC_0169

WB102WR+キラージグⅣ120gにて

 

6月に入って少しはカンパチのサイズは上がってきたが期待したサイズは結局取れないまま前半戦のシーズンは終了を迎えた。

SIMILAR POSTS 関連記事

CATEGORY カテゴリー

RECENT ENTRIES 最近の記事

ARCHIVE アーカイブ