MC works > FROM MC WORKS´ > Black&Chrome120htxテスト

FROM MC WORKS' スタッフやテスターによるテスト釣行やトピックを掲載

Black&Chrome120htxテスト

10月は尽く時化に阻まれ男女群島への渡礁は許されなかった。自然相手の遊び故、自身が置かれた条件下で限られた場所やタイミングを考え磯へとアプローチするしかない。RAGINGBULLとBLACK&CHROMEのテストロッドも持ち、厳しい状況ではあるがギリギリ釣りが成立するポイントを模索する。朝一はヒラマサを狙い、強い向かい風に悩まされながらも数回バイトを得ることが出来、足元で唯一フックアップした5キロサイズのヒラマサを獲り逃がしてしまう…僅か10分程度の短い時合いの中で痛いミスである。やはりその後は反応が消え、ヒラスズキへシフトし磯歩きが始まった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

潮位が少し高い為、思った程サラシが広がってはいなかったが魚が居れば反応する程度の波はある…1か所目に早々にヒット。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レギュラーサイズをBC120htxプロトにて、ヒットルアーは【魚じゃらし工房】Musya1402

 

12フィートのレングスは高い足場等で足元まできっちりとプラグを見せる事が容易に出来る為、エリア次第では大きな武器となる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のランディング直後に力丸氏にもヒット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BC116SH/3にてキャッチ

 

周辺ポイントのバロメーターとなるこの場所で好反応ということはこの先に磯の状況は容易に想像がついた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズアップ、ベイトが大きいのか14cmクラスのミノーでもガッツリヒット

 

ここぞというポイントには数匹ストックしており、次から次へと連続バイト。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛いサイズだが多くの魚が素直に反応する

 

ベイトも多そうなので試しにヒラマサの狙ってみると1投目にヒット!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RB105XF-1プロトにて、プラグはヤマリア【ラピード200プロト】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続けざまに同サイズをキャッチ

 

この時はミノーの高速リトリーブでは反応がないのにペンシルに変えるとすぐさま反応、感じとしては遠くから魚を寄せてきているような感覚であった。

さて、再度サラシ撃ちに戻るとまたまたヒット!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の最大サイズ

 

ミノーを低速で動かしてもある程度繊細にティップセクションが動きに追従する110STXや120htxは、瀬際にタイトに付くヒラスズキには向いてるのかもしれない。珍しくこの日は全バイト全ランディングとフックアウトの多いこの釣りでは上出来の結果となった。

SIMILAR POSTS 関連記事

CATEGORY カテゴリー

RECENT ENTRIES 最近の記事

ARCHIVE アーカイブ