FROM MC WORKS' スタッフやテスターによるテスト釣行やトピックを掲載

冬磯

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

澄みきった空気に包まれる冬の朝マズメ、プラグ目掛けて突然水面を割るヒラマサをイメージして今日も磯に立つがこちらのイメージ通りには中々事は進んでくれない。期待したマズメ時は反応がないまま移動することに・・・実は今回の狙いは夕マズメの一瞬の時合い待ち、凪の日しか渡礁を許されないその磯の一角、その時間まではアベレージサイズのヒラマサを狙って他の場所を探ってみる。上げ潮が効き始めた頃にトッププラグで反応が出た。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RB105XF-1(プロト)+ダイブベイト210にて

 

4~5キロ程のヒラマサではあったが嬉しい1本、その後隣でジグをシャクっていたT氏にもヒット!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RB99RPS(プロト)にて小型をキャッチ

 

完全に日が昇り、沖には散発的にボイルが出ているが射程に入ってもジグにもプラグにも無反応…次第に上げ潮も緩み魚の反応も無くなっていく。下げ潮がどの程度走るのかは不明だがそれに期待して午後からはジグを主体に周辺を探っているとT氏に重量感のある魚がヒット!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落ち着いたファイトで無事ランディング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

良型の真鯛をRB99RPS(プロト)でキャッチ

 

この魚を最後にいよいよ今回の本命ポイントへ移動、磯の周りから漁船などのプレッシャーが無くなる夕方一瞬のタイミングを見計らって上礁、サンマやペンペンシイラをベイトとするモンスターサイズに狙いを絞ってビッグプラグを投げ倒す。ルアーが目視で見えなくなるまで粘るも結局バイトは得られず終了となってしまったが、サイズに拘っての事なので早々上手くいく筈もない。また次にいつチャンスが巡ってくるかは分からないがその時の為に道具と心の準備だけはしておこう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SIMILAR POSTS 関連記事

CATEGORY カテゴリー

RECENT ENTRIES 最近の記事

ARCHIVE アーカイブ