MC works > FROM MC WORKS´ > 奄美の磯GT

FROM MC WORKS' スタッフやテスターによるテスト釣行やトピックを掲載

奄美の磯GT

恒例となった奄美大島でのショアGT、今年で何年目だろうか…年に2~3回程の遠征を繰り返す。福岡から飛行機でのアクセスも良くなり更に便利になった事を考えると今後訪れるアングラーも増えていくかもしれない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

凪に恵まれ少し沖のポイントへ

 

雰囲気はいつも通り、魚が居るのは間違いない…後は口を使わせる事が出来るかどうか、各磯に降りている仲間によるとたまにGTのチェイスは有るとの事。暫くしてデッドベイトにGTがヒット!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナイロンライン50LBタックルで23キロオーバー

 

続いてルアー組はというと小型を1本キャッチしていた。

 

1533199173259

RB95SDにて

 

瀬替わり後、ここぞというポイントで魚を出した者も居たがまだまだ経験不足…隣の瀬から一部始終見えていただけに残念。GTを想定したタックルで勝負しているのであればそういうファイトを心掛けないと簡単には獲らせてもらえない、青物の延長線上と思ってやっていると結末は自ずと見えてくる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

磯での楽しみ方は色々あるから面白い

 

既に1匹キャッチしている力丸氏がまた掛けた!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

潮なし湾奥から引っ張り出した貴重なGT

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

16キロをRB95SD+ラピード230にて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リリース、この魚がいるからここに来る意味がある

 

激流の海中から突然現れてプラグを引っ手繰っていくのを想像しながらキャストを繰り返す。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

贅沢を言わせて貰えばGTは毎年1本、磯から釣りたいという気持ちがある。それが中々難しいから面白いのだが…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ようやく私にもチャンスが訪れた

 

21cmのミノーをフルキャスト、高速リトリーブの中に時折バイトアクションを織り交ぜながら誘っているとまず1匹がチェイス、これはすぐに見切られるも別に2匹、黒いGTと白いGTが争うようにミノーを奪い合う…その距離約10m。これは間違いなく喰うパターン、そのまま誘い続け白い方がヒット!至近距離ではあったがサイズが分かっていたのでドラグはほぼ出さずに足元で止めて終了、RB95SDのポテンシャルであればこのサイズは止めればブランクの反発力で浮いてくる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロッド:RB95SD

リール:13ステラSW18000HG

ライン:バリバス SMP8号

リーダー:バリバス オーシャンレコード180LB

ルアー:【魚じゃらし工房】Musya210プロト

 

目測15~6キロ位、リリースを急ぐので20キロを超えないGTは計測しない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

永くこの地でGTを狙い続けられるように…

 

今シーズンも手に出来たGTに安堵、出来れば一緒に同行した全員がキャッチ出来れば良いのだがそんなに甘くはない磯GT、だからこそこの魚に憧れを抱くアングラーをサポートしていく意味、そしてローカルの方々が大事に守ってきたフィールドを今後も永く楽しめる様にやるべき事を伝える事が我々に課された責任なのかもしれない。

SIMILAR POSTS 関連記事

CATEGORY カテゴリー

RECENT ENTRIES 最近の記事

ARCHIVE アーカイブ