愛媛県、怒和島沖に浮かぶクダコ。
のどかな水面の景色と裏腹に激潮が逆巻くジギングの難所である。特に急速に立ち上がる絶壁に向かって潮が当たるアイノ瀬は、一級ポイントであるとともに、湧き上がる潮がジグの着底を阻み、300gを使っても底取りがし辛い難所中の難所である。他の釣り場で少々の急潮は問題ないというアングラーも初めてここを訪れると大抵根掛かりばかりさせて閉口してしまう。慣れと経験による正確な山立てをマスターしないとジグのロストは限りない。しかし、それでも週末は予約が取れないほどジグマニアが集うのは、その難関を制してヒットするブリのコンディションが極めてよく、鋭い突っ込みはまるでナツマサやカンパチ並。10kgクラスともなるとロッドが立たないほどに引き込む。といってラインを出すと鋭い瀬に擦れてしまう。ちょっと九州のブリ事情からは信じられないようなその引きの片鱗でも味わうと、もうこの釣りに両足捕られたようなものである。
そして、難所クダコのジギングの為に専用設計したロッドがNB595KS。開発に関しては広島のエキスパート堀江氏や、ルアーメーカーブリスの岩佐氏の全面協力を得て行われている。ロッドの特性としては以下の要目を挙げた。

1. クダコの潮、水深において300-400gのヘビーウェイトジグが使えること。
2. タチパターンのスロースタイルに適した、初速の緩い操作が行いやすいこと。
3. ジグウェイトをベリーに乗せて引きずるような操作ができること。
4. 着底のインフォメーションが伝わりやすい感度の良いブランクであること。
5. 10kgオーバーがヒットしても主導権を取られない強いバットを持つこと。
6. 極力軽い設計であること。

この要目から想定されるブランクはナローティップとハードバットを併せ持っていて、しかもベイト仕様にも関わらず相当の強度を持たせることだった。ベイト仕様というものはガイド特性から、スピニングモデルよりも捻じれ剛性が低くなることが避けられない。それを回避するにはバイアス構造を採用するか、補強テーピングを入れるか、あるいはスパインに応じたスパイラルガイドにするといったことが考えられる。しかし、このモデルに関しては新しい素材構成のハイブリッド構造とすることで捻じれに対す強度アップと軽量化を実現した。この技術は前出の新しいジギングロッドRFシリーズへも受け継がれている。プリプレグ同士の密着度合いが高く、密着面積も飛躍的に広くなる特殊な設計である。これにより、「捻じれ折れ」に対する強度も十分なものとなっいる。
日本を代表するジギングフィールドの一つである怒和島のクダコ。難しいが攻略した時の喜びも大きい。そこへ集まるジガーの熱意も素晴らしい。
その熱意に答えるために企画し生まれた飛び切りコアなモデルがKUDAKO SPである。


Length 6'1"  Line PE#2-4 Jig max 250g(Kudako only) Drag Max 7Kg

大場所、アイノ瀬での使用を前提とした595KSはもはやこの海域で大鰤を狙うアング ラーにとって定番中の定番ロッドとなっている。 そして新作リリースとなるNB613KSはアイノ瀬以外での広範な海域に最も扱い易い特性を持たせたNEW PRODUCTSである。 軽さ、感度、パワー、いずれも極めて高い次元で構成出来たロッドであることを自負している。 NB KUDAKOシリーズは通い続けることでしか見えてこない自然の摂理、それを学ばんとするシリアスなアングラーの為のロッドなのである。
STANDARD MODEL ¥44,000-
SPECIAL MODEL ¥46,000-
CUSTOM MODEL \52,000-〜

Length 5'9" Line PE#5-6 Jig max 400g(Kudako only) Drag Max 12Kg

CUSTOM MODEL  ¥48,000-〜 E MNSG guide
SPECIAL MODEL ¥42,000- E MNSG guide
保証書,ロッド袋付


Movie 大荒れのクダコ 595KSフィールドテスト

kudakotest.wmv
WMV形式 16.1MB 
4:03

クダコのジギングを試みたいアングラーは下記まで

怒和島マリン(大石船長)
〒791-4322 愛媛県松山市上怒和556  089-999-0517