サムネイル画像

RAGING BULL

磯から巨魚に挑むという非合理を究極の合理性で追求する。

遠征釣行前には眠れない。
まるで遠足やピクニックに行く子供のように高鳴りを抑えることが出来ないのだ。
黒く大きな潮を乗り越えて進む大型瀬渡し船の低いビート。
その唸りがスローになり、船体がローリングを始める瀬付け前の緊張感。
排気ガスが南海の夜明け前の潮風と混ざり合うあの匂いを何処にいても想いだす。
遠征釣行の高揚感は実はこの瞬間がクライマックスなのである。
ひと通りの瀬付けが終わり、磯に明るみがさしてくると待っているのはリアルな戦である。
良いタイミングはワンチャンスでしかなく、その短い時合に全力で立ち向かわなければ意味が無いのである。
それゆえ、あれこれと道具を並べて夢想する時間は自宅に置いてこなければならない。
信頼出来るロッドを躊躇なく手にとり、体力のキャパ内でハイドラグ設定し、臆することなくベントさせる。
魚の方が有利なファイト条件がざらにあるこの釣りで躊躇は敗北の同義語である。
RAGING BULLは遠征アングラーの信頼に応える為に納得のいくテストを繰り返し行ってきた。
それは、遠征の重荷からアングラーを解き放ち、
悦楽の美酒に酔って頂く為の必須要件なのである。