サムネイル画像

SLOW HAND

その本質、柔にして剛。

日本国内で使用するキャスティングゲームロッドにおいては体力負担の軽減は避けて通れないものである。
ワンチャンスをひたすら狙うマグロゲームはともかく、ヒラマサハンティングでは、
キャスティングやルアー操作に疲れていてはチャンスをものにすることは覚束ない。
ロッド自重の軽さも勿論大切であるが、
そもそも重量のある大型リールを使うオオマサハンティングでは、
むしろセットアップタックルのウェルバランスとキャスティング時のキックバックの少なさが重要である。
SLOW HANDシリーズは国内のヒラマサ、
マグロゲームを年齢や体力を越えて継続して頂く為にセットアップ時の持ち重り軽減、
キックバックの最小化、ファイトのし易さ、船縁での凌ぎやすさなど、
そしてルアー操作にナーバスにならなくて済むオートマチックアクション。
現実的な要素を最重視した最新のキャスティングロッドコンセプトに基づくロッドグループである。